建設業業者向けサービス

建設現場のイメージ

岡山県内の建設業を営む事業者様のために建設業許可申請をスムーズに対応します。
建設業新規許可申請、経営事項審査など必要な手続きを経験豊富な行政書士森脇事務所にご相談ください。

建設業許可が必要な場合
1件の工事の請負代金が500万円未満のもの(ただし、建築一式工事については、請負代金が1,500万円未満の工事、または延べ面積が150㎡満たない木造住宅工事)の工事に該当しない工事を請け負い、建設工事の完成を目指す場合は、下請、元請の区別なく建設業許可を取得していなければなりません。岡山県知事許可を新規に取得する場合は、営業所調査があり、5年間又は7年間の契約書・注文書の原本提示など、様々な証明書類の原本が必要になります。
技術者に免許がなく実務経験で許可を取る場合だと、10年間の契約書、注文書が必要です。
東京都などには営業所調査がありませんが、岡山県では、過去にさかのぼり原本の提示がないと許可は原則出ませんので、すぐに許可がとれるのかどうかがわかりません。
その場合は、事前調査をいたしますのでお早めにご相談ください。

建設業を営む方のためのサービス

建設業岡山県知事新規許可申請
設業大臣許可新規許可申

建設業許可を取得した建設業者様のためのサービス

建設業許可更新申請
建設業許可変更届
建設業決算終了届
経営状況分析申請
経営事項審査
入札資格申請