著作権関係サポート

著作権をイメージする書籍の画像

デザイン・写真・プログラム・音楽など皆様のビジネスをバックアップします

行政書士 森脇事務所は文化庁への著作権登録申請や著作権関連の契約書の作成を代行しています。

著作物とは

「思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸学術美術又は音楽の範囲に属するものをいう」と著作権法第2条に定められています。
すなわち著作物とは

  1. 「思想又は感情」の表現であること
  2. 「創作的」であること
  3. 「表現したもの」であること
  4. 「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」であること

以上の4つの要件を満たしたものを著作物といい、著作権法によって保護されています。
著作権は創作されたときに権利が発生し、特許権のように登録を必要としません。
それでは文化庁への登録に何の意味があるのでしょうか?

著作権登録のメリット

  1. 著作権登録をしておけば、他人が盗作して自分の著作物を使った場合などに、裁判などで争う場合でも自分が先に創作したという証拠になります。
  2. 著作権を譲渡する場合は移転登録をしておかないと第3者に著作権の移転を主張できません。
  3. 実名登録をしていない場合保護期間は公表時から50年ですが、実名登録をすれば保護期間の起算点を公表時から死語50年にすることができます。

以上のことから自分の著作物(著作権)を守るには、著作権登録が有効な手段であるといえます。

著作物として登録できるものは?

言語の著作物 論文、小説、脚本、詩歌、俳句、講演など
音楽の著作物 楽曲及び楽曲を伴う歌詞
舞踊、無言劇の著作物 日本舞踊、バレエ、ダンスなどの舞踊やパントマイムの振り付け
美術の著作物 絵画、版画、彫刻、漫画、書、舞台装置など
建築の著作物 芸術的な建造物(設計図は図形の著作物)
地図、図形の著作物 技図と学術的な図面、図表、模型など
映画の著作物 劇場用映画、テレビ映画、ビデオソフト、ゲームソフトなど
写真の著作物 写真、グラビアなど
コンピューターの著作物 コンピューター・プログラム

著作権契約書について

著作権契約には専門的な知識が必要となります。重要なポイントをはずした契約書を作成した場合後々紛争になる場合も多く、そういう問題を未然に防ぐためにも著作権契約書は大変重要です。

当事務所では、著作権譲渡契約書、著作物利用許諾契約書、開発委託契約書などを作成しております。